1. HOME
  2. ブログ
  3. ベビーシッターでテレワークの集中時間を確保!20万円利用しても支払いは2.5万円に割引

ベビーシッターでテレワークの集中時間を確保!20万円利用しても支払いは2.5万円に割引

3月下旬から小学校、4月に入ってからは続々と各地で保育園の登園自粛要請も増えてきました。同時に勤務先の会社がテレワークを採用!という方も多いのでは?

子ども…、特に未就学児がいると在宅勤務はとてもなかなか集中できませんよね。

コロナ禍により、内閣府ベビーシッター券の利用が拡大されていますので、これを使って乗り切っている体験をお伝えします。

内閣府ベビーシッター補助ってどんな制度?

この制度、通常はベビーシッター利用1回につき、対象児童×2,200円の割引で、1日あたり1枚まで(月最大24枚まで)の補助を受けられるものです。

正直、これまではサービスの規定する最低利用時間の料金に対して補助の割合はそれほど魅力的ではないため、自分が利用する制度ではないと思っていました。

(例:1時間3000円、最低利用時間3時間+交通費1000円+消費税=合計10900円ほどに対して割引は2200円、子ども2人なら4400円)

*交通費は割引対象外です、割引額は2200円単位です

通常の内閣府ベビーシッター補助制度子ども1人の料金例
通常の内閣府ベビーシッター補助制度子ども2人の料金例

どうでしょう?割引はありがたいけれど、子ども1人だと2割引程度 。

これを月に24回細切れで使う?わたしは、自分が対象者でもなかなか利用シーンがイメージできなかったです。

でも!今回の特例はすごいんです。

内閣府ベビーシッター補助が「特例措置」でどう変わったのか?

コロナ禍における特例措置では当面の間(ひとまず4月末)は1日あたりの割引券の利用枚数の対象児童1人1日5枚まで(2人なら10枚まで)、一世帯月最大120枚まで利用できるようになりました。

つまり、上記例で子ども1人だと割引額が4枚8800円となり、実質の支払いは2100円です。

内閣府ベビーシッター補助制度特例措置子ども1人の料金例

子ども2人だと1日最大5枚×2=10枚利用できるので、6時間利用して1000円ということになりますね。

内閣府ベビーシッター補助制度特例措置子ども2人の料金例

*交通費は割引対象外です、割引額は2200円単位です

この措置により、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校・休園・登園自粛などでお困りの方がベビーシッターを利用した場合、1ヶ月あたり最大26万4000円の補助を受けることができるのという仕組みです。

平日1日4時間、約20万円分のベビーシッターを依頼した際の個人負担は約2.5万円。

在宅勤務で子どもとカオスな時間を過ごしているものにとって、たとえ数時間でも集中できる時間があるのがどれほどありがたいことか…!

導入の敷居は「家に人が来ること」

この制度、読めば読むほどわかりにくいのですがそのわかりにくさよりも、一番導入の障害になるのは、「家に誰かが来て、子どもや家事をおまかせすることへの遠慮や抵抗」です。

自分や家族、またはその両方にある感覚かもしれません。

家に人が来る不安というのは誰しもゼロではないけれど、私たちは多少のリスクを容認しながら社会生活を営んでいますよね。価値観を変えるのはかんたんなことではないけれど、これから社会は変化していきますし、自分も変化するチャンスなのではないかと考え、利用するようになりました。

わたしの選択はキッズライン(KIDS LINE)一択!

そうそう、いちばん大事なのは勤めている会社でこの制度を利用できるか?ってことなんです。働いている会社(株式会社Kaeru)に、ベビーシッター利用者支援制度が導入されてよかった!

会社に導入しているかは、公益社団法人全国保育サービス協会の割引券承認事業者一覧で確認できます。会社負担は大きくないそうなので、まだ導入されていなくても諦めずに会社に交渉してみてくださいね。http://www.acsa.jp/htm/babysitter/approvai_proprietor_list.htm

利用できそうとわかったわたしは、すぐに対応の保育サービスを探し始めました。

いくつかのサービスに申し込み前提で問い合わせを送って、すぐに対応してくれたのがキッズラインでした。

初回3000円引きの紹介コードがあるので、こちらを使って申し込んでみてください。

kids_3908576265

こんな時ですから、どんどん枠がなくなっています、一日でも早い予約がお勧めです。

内閣府補助制度が利用できるシッターさんは国家資格保持者(保育士等)です。登録されている全員ではありませんので、検索する際にはご注意ください。

キッズラインの補助制度丸わかり!利用ガイドのわかりやすさったら…制度に興味のある方はまずはこちらご一読ください!

https://kidsline.me/information/naikakufu202004

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。